Warehouse
上屋事務・上屋業務

上屋事務・上屋業務とは?

上屋(うわや)とは、空港などで貨物の荷捌き、取り降ろし・積み込み、保管などに使用される建物を指す貿易用語です。その上屋内で貨物の取り扱い全般を行うのが上屋アウトサイドスタッフが担当する上屋業務です。一方、上屋インサイド業務は、書類の仕分けや積み付け指示、航空機ロードコントロール、ウェイト&バランス、クルーケア、危険物受託チェックといった、貨物・航空機にまつわる手続きや事務作業が中心です。

輸出・輸入のドキュメント作成
Documentation of export / import

輸出品は、貨物代理店から届いた書類をもとに内容品や住所、重量、制限品の有無などを航空会社の専用端末に入力。輸入品については、到着した貨物に傷があった場合は受取人に連絡を行ったり、未到着のものがあれば荷送側に連絡をして所在を確認するなど、海外とのやり取りも少なくありません。

航空機貨物搭降載プラン作成
Creating an aircraft cargo loading plan

輸出する貨物を、重量や内容を踏まえて航空機のどの位置に積み込むべきか、最適なプランを考えます。「重い物は強度のある場所に」「マグネットなどはフライトレコーダーの遠くに」といったルールに沿い、安全性に考慮しながら離陸重量を調整します。

オペレーション
Operation

航空機と地上を結ぶ無線で、コックピットクルーと必要な情報を共有する仕事です。到着する航空機に対して着陸のための風向きを伝えるほか、これから離陸する航空機には、現在燃料が何ガロン残っているかなどを伝えます。離陸後は、着地する空港に到着予定時間を連絡します。

コックピットクルーからの貨物搭載プランのサインの授受
Sign of cargo loading plan

積み込んだ貨物に対し、制限品(ペンキやバッテリー、火薬類など引火の危険性があるものなど)はどこに積まれているか、重量はどこに集中しているかが分かる、貨物搭載プランをコックピットクルーに提出。基本的に、キャプテンの承諾を得てサインを授受します。

クルーケア業務
Crew care

アメリカの航空会社をメインに、貨物専用機に搭乗するコックピットクルーへのケア業務です。到着したクルー、これから出発するクルーに対し、出入国審査や検疫の手続きのサポートに加え、必要に応じてタクシー乗り場やホテルまでのアテンドなども行います。

輸出入業務
Export and Import business

海外から日本、日本から海外へ航空機を使って輸送される貨物を受け取り検品し航空機やトラックへ積み込めるようにするお仕事です。

01.トラックからの取り降ろし・積み込み

日本から海外・海外から日本へ輸出入される貨物は、主にトラックにて輸送されています。それらの貨物はフォークリフトにて取り降ろしや積み込みを行います。

02.検品作業

輸出入される貨物が、税関に申告されたものであるかどうか、ダメージが無いかどうかを書類と貨物番号を照らし合わせて検品していきます。

03.ビニールネット梱包

貨物の荷崩れやほこり・汚れ、また雨に濡れるのを防ぐために、貨物をビニールネットで梱包します。貨物によって、大きいものでは高さ約3mのものもあり、ビニールネットも人の身長よりも大きなサイズに。数人で協力しながら、手作業で行います。

04.ULDに積み込み・解体

ULD(Unit Load Device:航空機専用搭載用具)とは、航空貨物を一定の単位にまとめ、航空機の貨物室に搭載する用具の総称です。そのULDに輸出貨物を積み込んだり、輸入貨物を解体したりします。

05.計量

ULDに積み込まれた貨物を、ULDごと計量機までけん引。貨物の重量を測ったうえで、上屋から事務所へパソコンでデータを送信します。そして、事前に税関へ申告されている重量と大きな差異がないかを確認します。

Other business
他の事業内容

page top