Ground handling
航空機地上支援業務

航空機地上支援業務(グランドハンドリング)とは?

航空機を所定の時間に離着陸させるため、空港内で行うさまざまなサポートをグランドハンドリングと呼びます。 航空機を所定の位置に誘導したり、貨物の取り降ろし・積み込みを行ったりなど、業務内容は多岐にわたります。通常、お客様からは見えづらい裏方での作業が多いものの、空港において欠かすことができない大切な役割です。

ランプ業務
Ramp service

ランプとは、空港内における飛行機の駐機エリアおよび、飛行機が地上で移動する場所のこと。主に飛行機の誘導や手荷物・貨物の取り降ろし・積み込みなどを行います。

マーシャリング

航空機の到着後、タキシーウェイと呼ばれる道路を通り、駐機場に着くまでを誘導。マーシャリングパドル(夜間は誘導灯)を使って合図を出しながら、センターラインの位置をパイロットに示します。パイロットから航空機の翼は見えないため、航空機の大きさを考慮しながら安全に移動させることが大切です。

PBB(パッセンジャーボーディングブリッジ)

PBB(旅客搭乗橋)とは、搭乗口と航空機をつなぎ、ターミナルビルから旅客機に乗客や乗員を乗降させるための設備です。航空機がスタンバイして到着の合図が出たら、このPBBを操作し、搭乗口と機体の入口に装着します。

搭降載

メインデッキローダー・ロアーデッキローダーと呼ばれる専用のリフトを使い、貨物を航空機に積み込みます。貨物専用機の場合は、1機につき最大100tの積み込みが可能。航空機のスタンバイから出発までの1~2時間のうちに作業を終えるため、安全かつスピーディーな作業が求められます。

インターホン

航空機の駐機後に、専用のジャックを使ってコックピット内のキャプテン、副キャプテンと交信。パーキングブレーキのセットを行うように伝えます。プッシュバック前には航空機を押し出す方向の確認や、エンジン始動時の安全確認や周囲の状況をキャプテン・副キャプテンに伝えるお仕事です。

プッシュバック

航空機はバック(後退)ができません。そのため出発前や駐機場間の移動には、専用の特殊車輛を使ってプッシュバックさせる(押し出す)作業が必要になります。出発前のプッシュバックは、準備が整い周辺の安全が確認されたうえで、管制塔から許可が出てから行います。

機内清掃業務
Cabin cleaning

2007年から始まり近年では2015年より中部スカイサポート株式会社とのパートナーシップのもと、中部国際空港における機内清掃業務を実施しています。

旅客機内の清掃は、お客様が降りた後の30~40分の制限時間内にすべての作業を終えなければなりません。お座席やフロア、ラバトリー(トイレ)といったお客様が目にする場所はもちろんのこと、乗務員が使用するギャレー(キッチン)やコックピットなど機内全域の清掃を時間内に終了させるため、最大25人で一斉に行います。

ケータリング
Catering

2017年から名古屋エアケータリング株式会社とのパートナーシップのもと、中部国際空港における機内食のケータリング業務を実施しています。

これから飛び立つ旅客機に対して機内食の運搬と積み込み、そして回収作業を行う人材を手配しております。航空機の到着15分前のコールが入ってすぐ、センターの冷蔵庫から取り出された機内食は、規定時間内に冷蔵庫へと運ばれます。迅速かつ丁寧な作業が求められています。

到着出発支援バス
Passenger support bus

2016年からスイスポートジャパン株式会社、2017年から中部スカイサポート株式会社とのパートナーシップのもと実施しています。

PBB(旅客搭乗橋)を装着しない旅客機の場合、お客様を搭乗ゲート~航空機まで安全に送り届けるための専用シャトルバスの運転手を手配しています。このバスは、基本的に最大70人まで収容可能。移動距離は短いものの、決められたルートを走りながら、安全にお客様をお届けします。

Other business
他の事業内容

page top